このページでは不動産登記・名義変更について

このページでは横浜市中区山下町にある山下公園司法書士事務所の

女性司法書士である小林知子が

不動産登記・名義変更についてご説明いたします。

不動産登記・名義変更

不動産登記

相続登記
 相続が発生し、土地建物の名義変更が必要な場合。

 遺言による場合(亡くなった方が残した遺言がある)
 遺産分割による場合(相続人での話し合いで決める)
 法定相続による場合(法律で決められた割合)
  必要な書類を直接ご説明し、登記手続きを致します。
  
 住宅ローンが完済になる場合は一緒に抵当権抹消登記も行います。


贈与登記
 生前贈与がこれにあたります。
 配偶者控除での土地建物の贈与にも適用できます。
 


売買登記
 土地建物を売買する場合。 

 ほかにも、交換登記や共有の土地を分割する共有物分割登記があります。

 

抵当権抹消登記
 住宅ローンを完済された場合は、速やかに抹消登記をしましょう。

 購入時に住所移転が間に合わず旧住所で登記された方は、住所移転の登記も必要です。 

 

抵当権設定登記
 土地建物を担保に借り入れする場合。

 

どうしたらいいの?(不動産登記)

不動産を売却しようとしたら、権利証(または登記識別情報)を紛失してしまっていた

こんなときはどうしたらよいのでしょうか?

 

不動産を売却等するときは、権利証または登記識別情報が必要ですが、

万が一、紛失していても売却できないわけではありません。

 

心配しなくでも大丈夫です。本人確認情報提供制度があります。

司法書士があなたと事前に面談して「あなたが所有者に間違いない」と判断したうえで、

その報告書を法務局に提出する制度です。

 

ご心配には及びませんが、早めに司法書士にご相談ください。

  

▲このページのトップに戻る